☆受講生のレポート☆

2003年913日
 イーキン・チェン 
  バースデーパーティー!
             in 西貢花卉BBQ場

 



日期:九月十三號
地趾:西貢花卉食坊(野外BBQ場)
鄭伊健生日會


ロ個日傍晩、由尖沙咀黄金暇日酒店到新界區西貢(伊健ロ既屋企付近)、我ロ地搭ロ左包過巴士去。
今次總共百個歌迷参加生日會、其中六十個係香港歌迷、四十個係日本歌迷、浄係三個係台湾ロ既歌迷。
我以前兩次有参加過。第一次係兩年前、ロ係香港仔ロ既好出名”Jumbo”、眞係豪華、好Len2ロ既生日會。
第二次係昨年、ロ係紅Humロ既海逸酒店、ロ個陣時伊健被聴Fansロ唱歌、感動過頭、ham6倒3分鐘。
我ロ地好驚ロ咼!ロ敢、我覚得今次生日会最有”香港的”氣氛、而且、イ巨無ロ甘耐時間又近地方同我ロ地
一斉過ロ左、所以日本歌迷都應該十分満足喇。

首先、香港式BBQ係點様做ロ尼?又同日本比較、有mat7ロ野唔同ロ尼?
我今次都係第一次ロ既経験、説明ロ下卑イ尓ロ地少少。

ロ係日本、BBQロ個陣時、我地用「焚火」或、叫「七輪」、[火局]爐ロ既一種、ロ尼上面擺鐵板或鐵網、炒肉、
青菜、海鮮。有時炒飯或炒麺。調味焼肉醤。
不過、香港式BBQ、ロ係[火局]爐上面用分開ロ既竹簽拮起調味ロ的肉、香港BBQロ既特色之一、鶏翼。
(香港人眞係好鍾意鶏肉・・・)其他材料係薯仔、麺包、青椒、茄子、粟米、蝦、蜆、小魚、排骨、魚蛋、
香腸、棉花糖、[魚尤]魚等等。
[火局]完肉之後、抹蜜糖、再紅焼。所以、好耐要企ロ係火處、又熱又瘡。但係、我覚得ロ尼個香港式
BBQロ既習慣、又可愛又浪漫。風景好len2、空氣都好、ロ係天空陽光燦爛抑或星光閃閃令、企到包圍焚火、
一邊焼鶏翼肉、一邊傾偈、人人心情好好、開心ロ的喇、輕鬆ロ的喇。
如果ロ尼場唔係歌迷會ロ既話、我一定同好朋友、屋企人、男朋友一齋做BBQ・・・ロ敢、返ロ黎派對喇。


BBQ由七點左右開始。
坐位等ロ左好耐、伊健時時都一様、一聲叫”Hallo!”出現ロ左。
短髪之後、又沙士之後我第一次見面鄭伊健!特別日本Fans都好興奮、叫大聲ロ架。
今日ロ既伊健、好似輕鬆ロ的平時。イ巨可能自己屋企直接ロ黎會場。
イ巨着條紋ロ既T恤(我以前有睇過・・・)、穿牛仔褌、琲色ロ既運動鞋。

首先、我ロ地参加「焼鶏翼比賽」。我ロ地分開十個班、要[火局]鶏翼俾伊健食ロ下。
不過、估唔到イ巨眞係食鶏翼、我ロ地班[ロ既]肉雖然好覯但係唔[多句]wok9氣。伊健[言念]太認眞、
食ロ下呑ロ下、之後先至選擇、所以要好多時間。冠軍係台湾人ロ既班、第二位係香港人同日本人ロ既班。
伊健話、「冠ロ既班ロ既鶏翼係重係熱、味道唔錯」。

等緊[火局]完肉ロ既時候、我揮竹簽對伊健ロ係好遠ロ既[木台]。イ巨即刻發現我ロ地、微笑返揮手。
伊健都親手[火局]肉。食飯ロ個陣時、イ巨表情好似厳粛ロ敢、我覺得イ巨好得意ロ咼。

比賽完ロ左之後、伊健訪問各各[木台]。Fans問ロ下イ巨、「最近工作點呀?」「イ尓ロ既短髪好ロ岩!」
「中秋節 ロ既時候、イ尓做mat7ロ野呀?」等々。伊健話、「最近工作好忙、有時好瘡。
中秋節ロ既當日、ロ係屋企休息ロ左。」
伊健又話、「イ尓ロ地知唔知・・・月亮同火星而家好近。我想問イ尓ロ地、而家火星係邊呀?
(イ巨[言念]日本人應該唔知道ロ尼件事、所以イ巨想話俾我ロ地知)」

個晩我見到イ巨打乞痴幾次。(眞可愛!好似細蚊女ロ既乞痴・・イ巨今年已經36歳ロ乍!)
不過我想イ巨要小心身体。我覺得イ巨以前比較、痩ロ左好多。有無病ロ尼?我少少憺心。

其實、我ロ地班無時間、我唔可以同伊健傾偈。眞係好可惜。
不過、我送生日禮物俾イ巨。之後同イ巨握手、一齋影ロ左相、被簽個名三張相。睇ロ下ロ尼張相喇。
伊健ロ既笑容、最高ロ既ロ羊?

最後一張[木台]ロ既訪問完ロ左ロ個時、已經過ロ左十點鐘、好夜喇。
終於、大家同伊健切蛋gou1同影記念相・・・但係之後、
伊健時時都想大家一齋玩、有時做令人驚奇。上次生日會ロ個陣時、イ巨睇我ロ地睇奇術、
今次イ巨突然講ロ左「ロ敢、我同イ尓ロ地猜謎語玩!」

伊健話;
「ロ尼枝係無形ロ既銃。我射中イ尓ロ地(ロ甘様講、イ巨做手指銃ロ既形、講ロ左「Bang!Bang!」)、
ロ敢、邊個死ロ架?」

イ巨再問到十次左右、不過無人可以回答。
毎次Fans叫「唔明白ロ咼!!」、イ巨就越ロ黎越高興。所以大家好鍾意”大細路”伊健!
結果、淨係兩個人明白。
伊健向唔明ロ既其他好多人講、「ロ敢、我下次話ロ尼個回答俾イ尓ロ地ロ羅!」走ロ左喇。

不如イ尓同我ロ地下次一齋探伊健猜ロ尼個謎喇!


その日の夕方、チムサアチョイのホリデイイン・ゴールデンマイルホテルから、西貢(イーキンの家の
すぐ近くです)まで、私たち日本隊は貸し切りバスに乗って出かけました。今回全部で100人のファンが
誕生日パーティに参加しました。そのうち60人が香港人、40人が日本人、わずか三人が台湾のファンでした。
私は以前2回誕生パーティに行った事があります。初めては二年前、アバディーンの有名な「Jumbo」で、
それは豪華で華やかなパーティでした。ニ度目は去年、ホンハムのハーバープラザホテルで、この時はファン
の歌を聞いた伊健が感動の余り3分間泣いてしまい、驚かされました。
さて、今回の誕生会は今までで最も「香港的な」雰囲気で、しかも伊健がこんなに長い時間、ずっと近くにいて
くれたのは初めてだったので、日本のファンはきっとみんな大満足したと思います。

まず、香港式バーベキューとはどのようにするのでしょう?日本式と比べて、違いがあるのでしょうか?
私も初めての経験だったので、ちょっと説明します。

日本では、バーベキューの時、焚火や「七輪」という炉を使って、その上に鉄板や網を乗せて肉、野菜、
魚などを焼きます。時には炒飯ややきそばを作ったりします。味付けは焼肉のタレを使います。
しかし、香港式では先が二つに分かれた串に味付けした肉を刺し、炙り焼きにします。特徴的なのは手羽先を
使うことです。(香港人は本当に鶏肉が大好き。)その外の材料は、じゃがいも、パン、ピーマン、なす、
とうもろこし、えび、あさり、ししゃも、スペアリブ、つみれ、ソーセージ、マシュマロ、イカなどです。
焼きあがったら、はちみつを塗って、もう一度照り焼きにします。
長い時間火のそばに立っていなければいけないので、暑いし疲れます。でも、私はこの香港式バーベキューの
習慣は、可愛くてロマンチックだと思います。
景色は美しいし、空気はいいし、空には太陽が輝いて、あるいは星がきらきらしています。
焚火を囲んで立ち、手羽先を焼きながらおしゃべりすると、人と仲良くなり、楽しいし、とてものんびりできます。
もしこれがファンクラブパーティじゃなかったら、きっと親友や、家族や、ボーイフレンドと一緒にやるのになあ・・。
脱線しました。本題に戻ります。

バーベキューは7時ごろ始まりました。
席についてしばらくすると、伊健がいつものように「ハロー!」の声と共に登場しました。
髪を切って、またSARSの後初めての伊健です。特に日本のファンはみんな大興奮で、大騒ぎでした。
今日の伊健はいつもよりリラックスしているようでした。たぶん自分の家から直接来たのでしょう。
縞のTシャツ(どこかで見た・・・)に、ジーンズをはいてました。

まず、私たちは「手羽先焼きコンテスト」に参加しました。10の班に分かれて、焼いた手羽先を伊健に
食べてもらうのです。ところが、私たちの班は、本当に伊健が食べてくれるとは思っていなかったので、
見かけはおいしそうでしたが生焼けでした。伊健は大まじめに考えて、食べながらしばらくしたあと
ようやく選んでいたので、とても時間がかかっていました。優勝は台湾グループ、二位は日本と香港の
グループでした。伊健によると「優勝のグループの手羽先はまだ熱くておいしかった」とのことです。

肉が焼けるのを待っている間、私は遠くのテーブルにいる伊健に串を振りました。
彼はすぐ私たちを見つけてくれて、笑って手を振り返してくれました。伊健も自分で肉を焼いていました。
ご飯を食べてる時の伊健は大まじめな顔をしてるので、とてもおもしろいです。

コンテストが終ると伊健はそれぞれのテーブルをまわり始めました。
ファンは彼に「最近仕事は忙しいの?」とか、「短髪がとても似合うよ!」とか、「中秋節は何してた?」など
質問します。伊健は「近頃仕事が忙しくて、ときどき疲れる。中秋節は家で寝てたよ」と言いました。
伊健はまた、「君たち知ってるかな?月と火星は今すごく近くにあるんだよ!今火星がどこにあるか知ってる?
(彼は日本人がこのことを知らないと思っていて、教えてあげたかったらしいです)」と聞いてきました。

この晩、私は伊健が何度もくしゃみをしているのを見ました。(ほんとに可愛いんです!女の子みたいな
くしゃみ。今年もう36歳になるのにね!)でも、体には本当に気をつけてほしいです。以前に比べてずっと
痩せてしまったから。病気じゃないのかな?少し心配です。

実は、私たちのグループは時間がなくて、私は伊健と話ができなかったのです。惜しい・・。
でも、誕生日プレゼントをあげて、その後握手して、一緒に写真を撮って、3枚の写真にサインをもらいました。
この写真を見てください、伊健の笑顔、最高でしょ?

最後のテーブルが終るころには、もう夜10時をまわっていました。
最後にケーキカットと記念写真です。その後、
伊健はいつもみんなと遊びたいと思ってて、ときどき私たちを驚かせるようなことをするのですが・・・去年の
誕生パーティでは突然手品を始めました。
今回は、突然「ではここで、みんなとクイズをやるよー!」と言いました。
伊健:
「これは形のない銃です。僕がみんなを打ちます。(と言うと、手を銃の形にして、「バーン!バーン!」と言い
ました)では、誰が死んだでしょうか?」
十回も同じことをやったでしょうか。みんなわかりません。
ファンの「わからないよー!」の声を聞くたびにどんどん嬉しそうになる伊健。
だからみんな「大きな子供」の伊健が大好きなんです。結局正解者はわずか二人。
まだわからない大勢の人に向かって「じゃ、この答えは次のパーティでね!」と去っていく伊健なのでした。
さあ、みなさんも、次回はこの謎を解くために、香港まで伊健に会いに行きませんか?

 

                                                        〜 完 〜

 

                                          by 上級広東語サロン 伊藤佐知子

 

 

広東語センターでは皆様からのレポート・作文をお待ちしております。

メールまたは郵送にてお寄せください。

 

 
→トップへ戻ります。