学校案内 教習案内 | コース案内 | 講師紹介 | 教材販売 | 学校地図 | HOTMAIL HOME

ようこそ、広東語センターへ! このページは現在香港在住の当校生徒からのレポートです。  皆様からのご質問、メッセージをお待ちしております!

 香港からの便り 〜9〜

 

 

   ☆☆ 萬聖節 ☆☆ 

 

 こんばんは。お久しぶりです。 日本はすっかり秋も深まって、涼しい?寒い?日々なのでしょうね。
 香港も少しずつ涼しくはなってきていますが、まだ半袖を着て歩いています。
 今日は萬聖節でしたね。皆さんご存じですか?萬聖節。私が日本に住んでいたとき、言葉だけは聞いた

 ことがありましたが、だからといって特別大騒ぎすることもなく、いつも何となくその日は過ぎていっていた
 ような・・・オレンジ色のカボチャに何カ所か穴が空いていて、それは眼と鼻と口・・・。

 此処まで書くと皆さんご存じだと思います、そう、萬聖節とはハロウィンのことです。


 約2週間前に用事があって湾仔へ行ったのですが、湾仔の一部の通りはすごい?ことになっていました。

 ハロウィングッズがずら〜っと勢揃い。それはお面や帽子であったり、マント、他にも身につけるような小道具
 などなど、それはもう狭い露店にビッシリとハロウィン関係の物が並んでいて、おまけにそれを購入している

 人達もいて・・・驚きました。

 そして今日も朝からビックリ!朝通勤のために近くのバス停まで歩いていたら、私の横をバスが通り抜け、

 そのバスの中には黒いマントとドラキュラのようなマスクをつけた子が乗っていて、思わず「おおおおっ!」
 と叫びそうになってしまいました。そんな子供を今日は何人も見かけました。
 学校でハロウィンパーティーでもあるのでしょうね。きっと。
 会社帰りに家の近くのスーパーで買い物をしていたら、これまたビックリ!全身黒の洋服でカボチャやら何やら

 持った若いお姉ちゃん達が歩いていました。きっとこれからランカイフォンにでも繰り出して、一日お酒を楽しむ
 のでしょう。西洋と東洋の文化が上手く取り入れられている、香港。

 今頃香港の酒場はまだまだ賑やかなことでしょう。



                             2003年10月31日
                               〜佳小姐〜

 

 

 

 香港からの便り 〜8〜

 

 

   ☆☆ 中秋節 ☆☆ 

 

 今、香港はいつもよりちょっぴり明るくて、ちょっぴり賑やか。歩いていると「パラパラ〜〜ピロピロ〜〜♪」などという

 音を聞くことが出来ます。香港は今、中秋節を迎えるところです。私が住んでいる近くのビクトリア公園やCWBは

 沢山のランタンが飾られています。子供達が遊ぶためのアニメキャラクターのランタンも街で多く見かけられます。

 明日(12日)の夜はきっと沢山の家族・子供達がランタンを持って、ビクトリア公園などに集まって賑やかな夜を

 過ごすことでしょう。
 
 会社にはここ数日で沢山の月餅が届けられました。日本で月餅というと中にあんこのたくさんつまった、

 甘いお菓子と言うイメージしかないのですが、こちらでは最近沢山の種類の月餅が見かけられます。
 冷蔵庫で冷やしていただく物や、最近は潮州月餅が人気があるようです。
 今年頂いた月餅は(たまたま?)全て潮州月餅でした。

 卵の入ってたものやハムの入ったものもあり、日本よりも選択肢が多くあります。少しずつ味見をしていると

 アッという間に身になってしまい、困るのですがついつい食べてしまいます。

 (食べるときは小さく切って、皆で一口ずつ食べます。)

 某國では再びSARSが発生するという暗いニュースが流れていますが、今の香港はそんなことを忘れてしまう位、

 明るくて賑やかです。

 
                               〜佳小姐〜

 

 

 

 香港からの便り 〜7〜

 

 

 

   ☆☆ 2003年9月 トホホな事件 ☆☆ 

 

 

 こんにちは。 ご無沙汰しております。数ヶ月色々なことがあり、忙しく、あわただしくしておりました。
 
 さて、8月3日に引っ越しをしました。前の家から歩いて10分もかからないところなので周りの地理はわかっていますし、
 香港の引っ越しは(私は家具付きの所を借りたので)樂なので、そんなに疲れることなく引っ越しを終えました。でも・・・
 つい最近、「うぁぁ〜!」と思うようなことがあり・・・。

 8月中旬に誕生日を迎えた友達の誕生会を、家の近くのレストランで開き、その後2次会は家で女性4人で赤ワイン

 など飲んでいました。結構お酒を飲んで、皆で楽しく話をしていた時、変な音が・・・そしてその音は止まることなく・・・

 皆で「何?」と思っていたら、それは、水回り(トイレ)の方から聞こえてきている・・・。
 友達が見にいくと、トイレの水が止まらなくなっていて、程良く酔っぱらっていた私達は一気に青ざめました。

 普通ならトイレの下の方に栓があって、それをひねると水が止まり、とりあえず水漏れは防げるはずなのですが、
 ここのトイレはそのような物がない・・・そして水はどんどんタンク内に貯まっていき、我が家大ピ〜ンチ!
 

 二人の友人がトイレの水を止めようとあちこちチェックし、水が溜まったら水漏れしないように水を流し、私と誕生日を

 迎えた友達は、修理屋さんへ電話。でも時間が時間だっただけに(夜中の1時過ぎ頃だったでしょうか)電話をしても

 通じず、トイレの水はどんどん漏れて来るばかり。

 とりあえず外に出て、24時間の修理屋を探すことにしました。家の近くにコンビニがあるので、そこへ飛び込み、事情を

 話して「何処か修理屋さんを知らないか?」と聞いたけど 「こんな時間にね〜。」と言う答えが返ってくるだけ。でも・・・

 たまたま其処に居合わせたおまわりさんが助け船を出してくれました。

 「ここに電話をしなさい。貴女の家の管轄警察だから。」と一枚のカードを私達にくれ、そしてそこから去っていきました。

 早速電話。でも、「警察と水漏れは関係ないから」 という返答をいただいてしまいました。当たり前だわー!
 

 電話中にただものではない雰囲気を察した友人は、先程の親切なおまわりさんの所へ走っていき、私も其処へ合流。

 「どうしたらいいの?家が水浸しになってしまう!高い損害賠償金は払えない!」と訴えたら、2人程家にチェックに来て

 くれることになりました。皆で水道栓を探したり、貯まった水を流していると一人のおまわりさんが「栓があった!」と・・・。

 とんでもないところにその栓はありました。無事水が止まり、「ほっ」とする間もなく、おまわりさん達は、
 「水が止まったから帰るよ。明日、修理屋さんに来てもらいなさい。じゃ、楽しくお酒を飲んでね!」と言って帰っていきました。
 おまわりさん、本当にありがとう。これって業務以外の仕事・・・だと思うけど、助けて貰えて、感謝・感謝でした。
 でもトイレの水と格闘してくれた友達は全身水浸し、私は程良い酔いが「さーっ」と醒め、家の中は何をどう片づけてよいの

 やらで、しばし呆然としてしまいました。

 新しい家での新しい生活、これからどうなるのでしょう??
 
                                   〜佳小姐〜

 

 香港からの便り 〜6〜

 

 

   ☆☆ 2003年6月 端午節 ☆☆ 

 

こんにちは。


香港はようやくSARSも終息に向かいつつあり、 今ではマスクをした人が少なくなりました。 ようやく(というか勝手に?)マスク生活に終止符を打ち、 息苦しくない生活が戻り、 嬉しさと、でもまだ完全になくなったわけではないので、 少しの不安を持ちながら生活しています。

さて、先週の水曜日(6月4日)は何の日だか知っていますか?この日は旧暦の5月5日。日本のこどもの日。 香港では端午節と言われています。 こちらでは端午節には粽を食べ、そしてあちこちでドラゴンボートレースが開催されます。 

粽・ドラゴンボート共に昔から伝えられている中国の伝説があります。(何種類かあるようです)きっと皆さん広東語センターの授業の中で学ばれていることでしょう。 私も前日(6月3日)に香港人の友人のお母さんが作ってくれた粽をたくさんいただき、そして翌、6月4日は朝5時起きして ドラゴンボートのレースに参加しました。

朝から多くのチームが集まっていました。国籍も体格も色々、中にはユニフォーム(というかコスチューム)が凝ったチームもあり、真剣勝負ながらも 楽しいお祭り的な部分もありました。 

ここ数ヶ月SARSという暗いニュースばかりでしたが、 この日はそんなことも忘れてしまうくらい、皆盛り上がっていました。 某女性長官や芸能人も見に来ていました。 成績は目標にあとほんの一歩だけ足りませんでしたが、 朝から緊張したり、悔し涙を流したり、 そして全レース終了後に美味しいお酒をみんなで飲んだりと、 あわたあだしくも充実した日でした。 

このレースが終わるとなんとなく夏が終わったような気持ちになります。香港は暑くてまだまだこれからが夏本番ですが、 秋に向けてなにかスタートさせようと思っています。


〜佳小姐〜

 

 

 香港からの便り 〜5〜

 

☆☆2003年5月23日 近況報告☆☆

こんばんは。すっかりご無沙汰致しております。
東京はそろそろ梅雨入りでしょうか?雨でジメッとしたお天気でしょうか?香港は暑いです。週末はよくマリンスポーツを楽しむのですが、結果手足は黒く日焼けしてしまいました。 このままいくと何処まで日焼けしてしまうのだろう?と 自分の身体の白い部分と日焼け部分を毎日見比べています。 

香港は残念ながらまだSARSのニュースから目が離せません。 でも人の様子は少しずつ変わってきたようにも思います。 まず、マスクをしている人が減ってきました。 暑さのせいか、効果がないと思ったせいか・・・ 人それぞれだとは思いますが、以前に比べると格段に減ってきました。 ただやはりマスクはしておいた方がよいらしいのですが・・・。 

学校なども始まっており、いつものように朝は通勤と通学の人で賑わうようになってきました。 一部ですが、日本人も香港へ戻ってきているようです。 このまま肺炎が無くなってくれることを願うばかりです。

さて、話は変わって先日朝4時頃から急にお腹が痛くなり、 その日の午後、病院へ行って来ました。 (「熱はないか?」と何度もお医者さんに聞かれました。) どうも普段の食べ過ぎ、飲み過ぎ(?)がたたって消化不良を起こしてしまったようです。 お医者さんからは 「お肉は絶対食べちゃダメ。白粥かお粥だけにしなさい。」 と言われてしまいました。 「日本でこういう状態になったときは、お粥とかやわらかいうどん、冷たくないリンゴジュースと言われるよな・・・・」と思い、お医者さんに「うどんだったら食べても良いですか?」と聞いたら、「ダメです!お粥だけ!」と・・・。 

   


そこから数日お粥生活が続きました。 自分で作ればよいのかもしれませんが、お粥をぐつぐつと作る時間はなかったので、あちこちのお粥やさんへ行ったり、 冷凍のインスタントのお粥を買って、家や会社でレンジで解凍して食べました。普段私は大食いで、お粥を食べることは少なかったので、 いざ食べに行こうとしても 「何処へ行けばいいの?」状態になってしまいました。 とりあえずガイドブックに載っていそうなところから、 近所の小さいお店まで行ったのですが、値段も味も各お店で違っていて、「あっ、こういう味もいいな」「味がないな」等と 勝手にお粥評論しながら食べていました。 

この文章を読んで下さっている皆さん、もし 「ここは安くて美味しい」とか「味付けがいい」「具が充実している」などというお粥やさんがあったら是非教えて下さい。もう少しお粥生活をしてみようと思っている佳でした。 

またお便りします。 

〜佳小姐〜

 

 

 

 

 香港からの便り 〜4〜

 

☆☆ 2003年4月7日 近況報告 ☆☆   

   とにかく、おととい(土曜日)、昨日(日曜日)と
   私の中では、いや、多くのファンにとってもそうかもしれませんが、「レスリーデー」でした。

   香港へ来て、これほど家に閉じこもってテレビやVCDを見たことはなかったかもしれません。土曜日の夜は翡翠台も亜洲台もレスリーの演唱會の模様、他のアーティスト達がレスリーの歌を歌い彼を偲ぶ、そのような番組が放送されていました。
 日曜日午後、私は個人的に「星月童話」「異度空間」のVCDを見ました。「星月童話」は日本で公開されたときに一度見ただけ。今回見て、改めて「こういうストーリーだったんだ」とか「ストーリー、レスリーは勿論、香港を紹介するにも良い映画かも。」などと思いつつ見ました。最後にハッピーエンドを迎えるとこちらまで嬉しくなり・・・。
 この映画は広東語センターにとっても特別思い入れのある映画ではないでしょうか? 広東語スクールのシーン、レスリー(達也)がタバコをふかして、常盤貴子(瞳)を待つシーンを何度も繰り返して見ました。 「異度空間」はレスリー最後の映画作品。映画では見たことなく、今回始めてみました。
 
  日曜日の夜、翡翠台では「第22回香港電影金像奨」が放送され、冒頭で香港四天王がレスリーの歌を歌っていました。また亜洲台では演唱會の様子とトークショー出演時の映像が流れていました。この二日間でレスリーの歌声を沢山聞きました。日本語の曲も数多くカバーしていたのですね。「モニカ」や「さよならの向こう側」等々何度もテレビで流れていました。

 そして、今晩(4月7日)はレスリーのお葬式・・・・。今日は朝から小雨が降ったり曇ったりのお天気。世界中のレスリーファンの涙が雨になったような・・・。私は仕事が終わって夜7時前に会場へ到着。会場前には沢山の花が供えられていました。すぐに会場へは入れず、皆が歩いていく方向へ歩いていきました。ついたのは,会場から少し歩いたバスケットコート。そこには白い花束を持った人、腕に白やグレーのリボン結んだ人、喪服の人もいれば、ジーンズの人も、本当に本当に沢山の人が集まっていました。次から次へと人が並んでいきました。並んでいた列は15分ほどして動き始めましたが、すぐにストップ。その間にも沢山の人が並び始めて.
私はこの日予定があったため、1時間弱は並んだものの、結局中へ入って、彼へ挨拶することもなく、その場を去らなくてはなりませんでした。とても残念でなりませんでしたが・・・。帰りに会場を遠目で見ながら来また。目頭を押さえて会場から出てくる人がいたり、肩を落としている人、会場の周りでその様子を見ている多くの人がいました。

 レスリー・チャンという人はこんなにも多くの人達から愛されていたし、また彼自身そういう魅力を持った人だったのだと思いました。明日、明後日の新聞はまた彼の記事で紙面が埋め尽くされることでしょう。


〜佳小姐〜
2003年4月7日

 

 

 香港からの便り 〜3〜

 

 ☆☆ 2003年4月4日 近況報告 ☆☆            

「はぁ〜・・・。」いきなりすみません。今週は凄い一週間でした。最近の香港は暗いニュースばかりで・・・どうなってしまうの?香港???と毎日思っています。

 3月中旬頃から戦争が始まり、下旬頃から非典型肺炎のニュースが流れ、そして・・・そして・・・レスリーが・・・・。

 肺炎のニュースが出始めて、約半月が経ちます。今では、半分以上の人がマスクをつけています。一部の人はお医者さんがするようなゴムやビニール手袋をつけています。いつもの夜の香港は人でいっぱい!とても賑やか!でもここ2週間位「ここってどこ?」と言うくらい夜の香港は人が少ないです。外食好きな香港!でも、最近は皆さん早めに家へ帰ってお家でごはんです。マスクと消毒液がよく売れているようです。テレビでは予防呼びかけるCMが流れ、私が住んでいるフラットの入り口は肺炎に関する資料と予防を呼びかけるポスターがビッシリ貼ってあります。
 フラットの管理人さん達は度々消毒液であちこち拭いています。学校は当初6日迄の休校期間が21日まで延びました。家族は勿論、日系の会社では駐在員にも帰国指示が出だしたようです。あるフラットからは大量の感染者が出て、その棟の人達だけ隔離されています。スポーツクラブのサウナ等は使用禁止になっています。普通に生活はしています。でも、外出時はマスクをしています。基本的な事ですが、手洗いをまめにして、
換気をよくして、バランスよく食べて、寝る・・・・。

 早く原因が解明されて、マスク生活から解放されたい!何も心配せず、仕事して、夜は友達と映画を見たり、御飯食べたい!と思うこの頃です。

 広東語を勉強されている皆さん、殆どの方がご存じの通り4月1日に悲しい出来事がありました。私は深夜友人からのメールをチェックしていてその事を知りました。でも、最初は信じられなくて、翌朝ニュースを見たのだけど何もそんなこと伝えられていなくて・・。有る友人は知人からの電話でそのニュースを知ったそうです。
でも、日にちが日にちだっただけに(エープリールフール)、やはり信じられなかったそうです。そのくらい皆、信じられない、信じたくない出来事でした・・・。
 4月2日朝、新聞をみて、ようやく「本当なんだ・・・」と。

今日、4月4日仕事の帰りに文華東方酒店へ行って来ました。現場には白いバラ、カサブランカ、ユリなど花束、カードがたくさん、たくさん置かれていました。ホテルの壁には何枚もポスターが貼られていました。白い花束を持った人達が訪れては、去り、訪れては、去り・・・。家へ帰る途中、CWBのCDショップへ行ってみました。彼のCD,VCD等沢山置かれていました。
 私は凄いファン!というわけでは無かったけど、でも彼の映画をみて元気をもらったことがあったし、時には「夢見る夢子ちゃん」を味合わせてもらったこともあったから・・・、とてもとても残念です


 今日の新聞にOBITUARYが出ていました。来週は彼のお葬式。お花の代わりに CHILDREN'S CANSER 
FOUNDATIONかEND CHILD SEXUAL ABUSE FOUNDATIONへ寄付を。と書かれています。
 では今回はこの辺で。また近況報告します。
〜 佳小姐 〜
 2003年4月4日

 香港からの便り 〜2〜

 

☆☆ 香港のお正月 ☆☆  

大家 新年快楽!


遅くなりましたが新年明けましておめでとうございます。


今年もよろしくお願いいたします。 そして、恭喜發財!そうです、香港はもうすぐ農暦新年(今年は2月1日が年初一)!これからが本当のお正月なのです。今はカラフルだったクリスマスデコレーションは取り外され、街のムードも様子もお正月に向けられたものに変わりつつあります。
 先日香港人の友人とお喋りしていた時に農暦新年の話になり、友人は「私達は一年の中でこの農暦新年を最も大切にしている。この時は親戚とお食事をしたり、遠方に住んでいて普段は会えない友人たちと会う。」と教えてくれました。確かにいつもにぎやかな香港ですが、この時ばかりはとても静か。普段は無休で、朝早くから夜遅くまで営業しているお店や餐廳も一週間から10日くらい休みになります。

皆さんはそんな香港を想像できますか?農暦新年前後は、まるで日本の師走のような忙しさ。大掃除、團年飯、剪頭髪、去行年宵、睇煙花、拝年、拝神、食開年飯、睇花車巡遊 等等・・・・(きっとこの内容は広東語センターで勉強されているかもしれませんね)でも私が最も楽しみにしているのは、逗利是(お年玉をいただくこと)!日本でお年玉というと子供だけの特権という感じですが、香港では既婚者が未婚者へ渡すことがあるようです。(結婚して初めて一人前という意味があります)二年前、初めて香港で新年を迎えたときに利是を頂く機会があり、大感激!と同時に「佳はいつ利是を配ることが出来るの?(いつ結婚して一人前になるの)」なんて言われてしまい苦笑い・・・・。でもやっぱり利是をもらって嬉しい私。あの利是の袋も素敵ですしね。


 皆様 改めて恭喜發財!身軆健康! そして學業進歩・・・・


 〜佳小姐〜2003年1月10日

 香港からの便り 〜1〜

                

                             ☆☆香港のクリスマス☆☆

 

 今年も早いもので12月、そしてもうクリスマス。香港のクリスマスといえばもちろん

  クリスマスイルミネーションとデコレーション!
 

  今年も色鮮やかに、ピカピカ・ギラギラ私達の目を楽しませ(たまに疲れさせ)

  てくれています。クリスマスイルミネーションに加えデコレーションを撮影する

  カメラのフレッシュもピカッピカッ光っていて、この時期の香港は輝き満点!

 寒いのは大嫌いな私、でもこのステキなイルミネーションが見られるこの時期の香港が大好き。

 クリスマスの香港は綺麗なだけじゃなくて、ちょっぴり面白い!

 ファーストフードやスーパーマーケット、朝新聞を買うお店のお姉さんなどなど、皆さんサンタクロースの帽子を

 かぶって私達を迎えてくれます。ということで、毎日たくさんのにわかサンタクロース達に会うことができます。

   クリスマスは家庭で過ごす人もいれば、パーティーを開いて遅くまで遊ぶ人、教会へ足を運ぶ人(日本より

 自分の宗教を持ち、信仰している人が多いようです。)とさまざまな過ごし方があるようです。

 私は友人にさそってもらい、毎年パーティーへ行っています。今年も参加予定!そして今年はクリスマスミサへ

 行ってみようと思っています。広東語のミサ、さてどこまで聞き取れるやら・・・・?

 ということで、皆さんはどんなクリスマスをお過ごしの予定でしょうか?

  機会があれば香港で過ごすクリスマスはお薦めです。

                                〜 佳小姐 〜
                                  2002/12/25



 

〜広東語センター〜 
© Copyright Japan Commercial Hotline Co.,Ltd All Rights Reserved 2002
        連絡:
info@cantongo.jp