教習案内 | コース案内 | 講師紹介 | 教材販売 | 学校地図 | HOTMAIL

  ◆実力がつく広東語教室として有名、数多くの受講生を育てた実績ある語学センター、共通の趣味をもつ仲間も大集合!

広東語センターはこんな学校です!

 
  広東語センターは 語学教育を中心し 中国・香港で活躍できる人材育成を 目指すスクールです。
 中国・香港市場が世界中から注目されるいま、多くの企業が中国進出を計画し、また既に進出しています。そして多くの企業の方が中国ビジネスの難しさを痛感しています。その最も大きな原因の一つが「言葉」、そして「商業習慣の違い」です。

 今後、中国で事業を拡大してゆくには広東語、北京語でビジネスができ、日本とは全く違う商業習慣を理解している人材が求められています。また、中国・香港はアジアのエンターテイメントの中心でもあります。広東語・北京語の理解が深まれば、なお一層楽しみは増すでしょう。当スクールでは、広東語、北京語の語学教育を中心に、中国・香港のさまざまな分野で活躍できる人材(エキスパート)を育成いたします。

 

プロフィール

 当時慶応大学で教鞭をふるっていた、現校長のケ超英(とう ちょうえい/英語名:ANNY)がボディソニックの山田社長の支援を得て1994年東京渋谷にボディソニック広東語センターを創立。広東語専門の学校として業務を開始する。

2000年、業務拡大のため新宿に移転。名称もBCC広東語スクールと変更。スクール事業のほかに、映画翻訳業務などにも力をいれる。

2001年、東京都中央区人形町に移転。

2011年、東京都千代田区神田神保町に移転。

卒業生・在校生

 これまで当校で勉強をしてきた生徒数は述べ1000人を超えています。
卒業後、香港に留学され、ビジネスの第一線でご活躍のかた、また、日本国内でも一流の通訳者として、翻訳の分野で実力を発揮されているかたなど大勢の卒業生がいらっしゃいます。
 在校生は約8割が女性です。会社勤めの方が仕事帰りや休日に時間を作って熱心に勉強されています。勉学の目的は「留学準備」「仕事に活かしたい」など多岐にわたっています。

業務内容

  スクール事業のほかに、これまで当校は以下のような業務に携わってきました。

 <通訳>
* テレビ番組制作・インタビュー同時通訳(NHK)
* テレビインタビュー取材(テレビ朝日、JSB、NHKBS、テレビ埼玉、TBS、フジテレビ、読売テレビ、 サンテレビ、CBC)
* ラジオ・新聞インタビュー取材
* 映画制作(にっかつ)
* CF制作(資生堂)
* NHKテレビ中国語講座番組
* NHKラジオ広東語講座番組
* 貿易相談(三菱商事、住友商事、丸紅、シャープ、TDK、電通など)
<ナレーション>
* 学校、会社案内(SEIKO、EPSONなど)
* テレビコマーシャル(トヨタ自動車、東芝電化製品、キャノン、オリンパスなど)
* 官庁・公共機関の案内
* 観光地、遊園地案内

<映画関係>
*日港共作映画の脚本翻訳:「もういちど会いたくて」(レスリーチャン、常盤貴子主演)・「バレット・オブ・ラブ」(レオンライ、瀬戸朝香主演)・「愛は波の彼方に」(アンディラウ、石田ひかり主演)など

 

当校の特徴

 教材にはオリジナルテキストを採用しています。香港の今が分かる興味深いトピックが満載です。また、指導にあたるのは全員ネイティブスピーカー。講師経験豊かなユニークな実力派揃いです。また香港に留学・在住経験のあるスタッフが、香港へ留学や就職する方の相談に、いつでも親切に応じます。

連絡先

〒101-0003 東京都千代田区神田神保町1−103−1806
Eメール:info@cantongo.jp


〜広東語センター〜 
© Copyright Japan Commercial Hotline Co.,Ltd All Rights Reserved 2000
連絡:
info@cantongo.jpinfo