またの名を「広東語スクールで習っててよかった」ロケ感想記!

 レスリーの映画にエキストラとはいえ、共演できるチャンスをゲットできたなんてこんなラッキーな事は一生に一度かも。テレビで見るよりずぅっと華奢できれいな常盤貴子ちゃん。こんな人といっしょに画面に収まるなんてヒェーって叫んじゃう。おまけにその様子をフレーム外からレスリーが見てる!!

 レスリーに見れられてるって思うだけで、心臓はどきどき高鳴りっぱなし。あぁだんだん手が震えてくるよぉ!ちょっと自意識過剰になりながら、こんなことじゃいけないワと、気を取り直して、まずは、先生の後に続けてリピートするだけの簡単なシーンなのに、他のエキストラの皆さんもみんな真剣な眼差し。

 次にとったのは授業が終わって常盤ちゃんがクラスメートの脇を抜けてレスリーの待つ車へダッシュしていくところ。 うーん、車のボンネットに軽く腰掛けて、煙草をくゆらせている姿なんて、ちょっとキザだけど、レスリーだからかな。 サマになってるんだよね。

 ああ、私にもあんな素敵な人がいてくれてるのなら、もっともっと広東語がんばっちゃうもんね。 はぁ〜っ

 撮影終了後には、先生の特別のアレンジにより、みんなでレスリ−を囲んでの、記念写真撮影大会。これは、かなり嬉しい!!

 ほんの数秒のシーンに何時間もかけて撮る、映画製作の舞台裏のスタッフの皆さんの大変さとか、役者さんたちの瞬間的に演技に入っていけるプロ魂、とかを垣間見れたり、とにもかくにもこんな貴重で、幸福なときをすごせた事に感謝するともに、私も、もっとがんばって勉強するぞ〜と、心新たに誓ったのでした。


→トップへ戻ります。